ABOUT

Zeha(ツェハ)は、今から100年以上前の1897年、
ドイツのチューリンゲンで、Carl Haessnerにより設立。

ツェハという名前は、彼のイニシャルC.H(ドイツ語の発音C=ZE H=HA)によるもの。
第二次世界大戦後は、東ドイツを拠点とし、1950年代からは、スポーツシューズのメーカーとして発展。
この頃に、Zehaスニーカーのアイデンティティーである4本の斜めラインのデザインが確立された。

60年代には東ドイツのオリンピックチームのオフィシャルサプライヤーとして、名アスリートを支え、数々のメダルを獲得する。
70年代以降は東ドイツの国営企業となり、国内はもちろんヨーロッパで人気を得る。

そして、2000年代の今、ブランドの歴史を見直し、
ドイツの質実剛健と洗練されたデザインを意識したMade in Japanを含めた2つの商品ラインとともに新生Zehaがスタートする。

GERMANY SPORTSCHUTH SEIT 1897